先輩インタビューInterview

人事部採用課

入社年/2016年 専攻/国際情報

若杉 えりなWakasugi Erina

Q1.大島造船所を選んだ理由は?

大島は母の実家があるので、小さい頃から親しみを持っていました。毎回遊びに行くたびに大島造船所が出迎えてくれて、あの会社が大島を支えているのだなと子供ながらに感心していたのを覚えています。大島の自然豊かなところと地域の人達の人柄がとても好きで、大島に貢献したいと思っていたところ、社員を募集していることを知りました。事務系なので実際に船造りをするわけではないですが、現場や設計の方々を裏で支える仕事がしたい!と思い、大島造船所を志望しました。

Q2.仕事内容を教えてください。

高卒・大卒の採用活動を主に行っています。説明会で興味を持ってくれた学生に当社のことをしっかりと伝え、採用試験に応募したいと思っていただけるように試行錯誤しながら活動をしています。その他には高校・大学の工場見学・インターンシップの受け入れや、新入社員研修も行っています。また、私は社内報の編集担当もしており、取材や写真撮影、記事の作成依頼等を行い二ヶ月に一度発行しています。

Q3.仕事のやりがいや醍醐味を感じるときはどんな時ですか?

採用課の仕事として大切なのは、「いかに大島造船所の良さを伝えるか」であると私は思います。難しいことではありますが、説明会や工場見学・インターンシップを通して学生の皆さんに少しでも当社の良さが伝わった時、やりがいを感じます。また、人と関わることが多いので、よく相談に乗ったり悩みを聞いたりするのですが、「若杉さんが担当で良かった」と言ってもらえると、この仕事をしていて良かったと感じます。
社内報に関しては、命名式や会社の式典、社外の行事等に取材に行くのですが、毎回様々な発見がありとても面白いです。社内報に載せるための良い写真を撮らなくてはと緊張感を持って仕事をしています。また、「今回良かったね」「読みやすかった」と言ってもらえると、次回も頑張ろうと思えます。

Q4.職場の雰囲気は?

とてもアットホームな雰囲気だと思います。年齢・性別関係なく仲が良く、なんでも言い合えて笑いが絶えない職場です。風通しも良いので職場の仲間が若手の意見にも耳を傾けてくれます。男性が多い当社の中では比較的女性が多い職場なので、和気あいあいとしています。プライベートでは、色々な部署の先輩や友人と遊びに行ったり飲みに行ったり楽しく過ごしています。

Q5.就職活動中に心がけていたこと、現在の仕事の上で心がけていること等、就職活動中の学生にアドバイスを!

私は、企業を選ぶ上での軸(職種・勤務地等)を早めにしっかり決めておいて、就職活動をしていました。軸がぶれていると、迷ってしまってうまくいかなくなると思います。また、就職活動中でも現在でも一貫して心がけていることは「笑顔」と「挨拶」です。基本的なことではありますが、人間誰しも笑顔で答えてもらったり、気持ちの良い挨拶をしてもらったりすると嬉しいですよね。何事も第一印象が肝心です。就職活動中も笑顔で受け答えをし、自分の持ち前の明るさをアピールしていました。就職活動は大変だと思いますが、自分のこれからの人生を左右する大事な時期なので、後悔しないように頑張ってください!