『私の通勤路』 大島資材課 川瀬昭宏

こんにちは!大島資材課の川瀬です。
普段、会社では資機材の調達業務を担当しています。

今回は私の通勤路について紹介します。

私の住む町は「長崎市京泊町」
長崎魚市の誘致を皮切りに、ベットタウン化が進んできた地域です。

まず202号線(サンセットロードと言うらしいです)を北に10分走ると黒崎地区。
波が高い日は、出勤前にサーフィンを楽しむ人達を見られます。
早朝からお疲れ様ですm(_ _)m

更に5分程走って道の駅「夕日が丘そとめ」。
ここには遠藤周作記念館も隣接。
外海地区は同氏の代表作「沈黙」の舞台でもあるのです。

よくカメラマンが海の夕日や教会を狙っている姿を見かけます。

続いて神浦地区。
ここから池島行きのフェリーがあったのですが、探鉱閉山の影響で今は廃線。
因みに、この地区にある河川公園は息子のお気に入り。

そこから15分程走って大瀬戸地区
松島火力発電所へフェリーで向かう通勤者の風景が懐かしいです。

更に10分走って多以良地区
田んぼの間の道路をひた走ると、いよいよ大島大橋が見えてきます。

そこから、
天正少年使節の中浦ジュリアン生誕の地である中浦地区
七ツ釜鍾乳洞入口前を通って、ようやく大島大橋を渡ります。

会社近くの駐車場から自転車に乗り換え5分で事務所に到着です。

交通渋滞は朝の大島ファミマ前信号のみ。
景色を見ながらの1時間ドライブ通勤のご紹介でした。

by soumu2 on 8月 18th, 2017 in 未分類

Comments are closed.