『祝! 誕生100日』 工作部運転課 源田吉人

ご安全に。
新年、明けましておめでとうございます。
工作部 運転課 STAFF 源田です。
私は、お正月に実家北九州に帰省し、
去年9月に誕生した長男“吉平”の誕生から100日目のお祝い“お食い初め”をしました。
まず、お食い初めについてですが、子供が一生、
食べ物に困らないように願い赤ちゃんに食べ物を
食べさせる儀式が“お食い初め”です。
(まだ生後三ヶ月ですので、食べるまねです。)
歴史はかなり古く平安時代から行われていたそうです。

我が家では、私の両親が鯛を購入し、お正月も同時であったため、
汁物には雑煮を、飯には、赤飯を並べて簡単なお食い初めを行いました。
私も含め、両親ともにおおざっぱなところがあり、
鯛が大きすぎて焼くことが出来ず、生きたままの鯛で、お食い初めをしました、、、
形が、大切ですので問題ないとのこと。
曾祖父母にも長男はだっこしてもらいとても嬉しそうでした。
年の差なんと85歳!びっくりです。
長男が、成人するまでは、元気に畑仕事をすると、曾祖父は言っておりました。

来年のお正月には、長男もきちんとご飯を食べれるようになっていると思います。
長男の成長が、今一番の楽しみです。

by soumu2 on 2月 6th, 2016 in プライベート

Comments are closed.